ちりんちりん

鈴の音が鳴る
それはとても心地よい音色
真琴を夢の世界へと誘う旋律
心地よいまどろみの中、薄っすらと瞳に浮かぶ人影は貴方

祐一
イジワルな祐一
イジワルで大バカで

――真琴の最愛のお婿さん

真琴と祐一は結婚したんだよ
綺麗なウエディングドレスも、華やかなブーケもなかったけれど
ものみの丘で、真っ白なヴェールを被って
祐一と二人っきりの結婚式
結婚式、したんだもん

真琴は祐一のお嫁さんになった
祐一は真琴のお婿さん

今日から二人は、夫婦だね

ちりん
ちりん

ふわふわと波間を漂っているみたい
今日はちょっと疲れちゃったな
だから少しだけ休憩するね

次に目が覚めた時は、また祐一といっぱい遊ぼう
せっかくお嫁さんになったんだから、祐一のためにご飯を作ったりするのも楽しいかもしれない。
結婚した二人は、毎日がとっても幸せなの
朝、寝ぼすけの祐一を真琴が起こしたりして
一緒にご飯を食べて、会社に行く祐一にいってらっしゃいのキスとか……?

お昼は秋子さんと二人でお洗濯をして
お掃除はちょっとイヤだけど、頑張るもんね
終わったら名雪と美汐も呼んで、みんなで肉まんを食べて
その後、ぴろとお散歩に行こう

祐一が帰ってきたら、真琴が作ったご飯を食べさせてあげるの
その後二人でテレビを見て
夜は一緒の布団で寝て
手を繋いで
今夜はどんな夢を見るのかな?
夢の中でも一緒だよね

 

なんてねっ

 

ちりん
ちりん

泡沫の願いは弾け
鈴の音が、揺れる
まだ見ていたかったけれど
もうオヤスミの時間

祐一、いる?
一回だけしか言わないから、ちゃんと聞いてよね
あのね

 

祐一、大好き

ずっとずっと、大好きだよ

真琴とは夢で会えるから

きっと会えるから

だから
だからね

 

 

ばいばい、祐一

 

 

ちりんちりん

ちりん...

 

SS目次 TOP